● フリマの勧め 買物編 ●

それ 私が買います !
明日はフリマ、いい掘り出し物あるかな、行ってみようかな。なんてお考えのあなた。でもいいものをより安く手に入れるにはちょっとしたコツがあるのよ。さあ、これを読んであなたもフリマ達人になりましょう。サイフにやさしくココロは楽しく!
Step1 Lets go! 早く行こう !
特に欲しい物や、探し物があるときは、開場時間前に着くように出かけましょう。出店者が商品を並べているところを一回りして、品揃えをチェックし、何があるか確かめておきます。そこで見つけたら迷わず買い! 迷っているといい物はすぐ売れちゃいます。ほかの店をみているうちに売れちゃった、なんてことはよくあること。ただし値段のチェックは忘れずにね。
Step2 値切るのも楽しんで。
商品はもともとはリサイクル品。値引き交渉のかけひきも楽しみましょう。新品のすごくいい品物は別として、ちょっとキズありや、汚れありをみつけて「ここにキズあるから、もうちょっとまけて!」などと交渉します。思い切って安い値段をいってみたら、以外にあっさり交渉成立なんてことも。ラッキー ! それからまとめ買いも重要アイテム。「2つ買うから500円にしてよ」とかいえば、だいだいはまけてくれるもの。そんなコミュニケーションも楽しいよ。でも稀少品は相手も強気なのでちょっと無理かも。プロのお店ではなかなか値引きしてくれないのであきらめましょう。
Step3 値段のチェック !
出店者の考え次第の値段つけ。おなじような品物でもかなり値段の開きがあるもの。処分したい人はただ同然で、そうでない人はえっと思うような値段をつけています。会場を一回りしてどこのお店が安いのか覚えておきましょう。「あそこで100円だったよ」といえば、まけてくれることもあり。チェック漏れがあると、2軒先では半額だったなんてこともあるんだよね。
Step4 コピー商品に気をつけろ !
一般の人のなかにはあまりいないとは思うけど、フリマは多くのいろんな人が集まる場。ちょっとよくない人もいたりします。特にビニール袋に入っていて直接見られない物やブランド物には気をつけましょう。高額の物を買う場合は特に気をつけてね。
Step5 Pm.2:00 たたき売りに目を付ける。
お昼を過ぎるとお客さんも少なくなり、売る方もぼちぼち疲れてきます。これ持って帰りたくないなーなんて商品は、かなり大胆に値引きされる場合も多いもの。半額になったり、中には「ただでいいから持っててよ」っていう場合だってあるんだから。閉店に近い時間帯に訪れたときはそんなお得な物に出会えるチャンスあり。
さてさて、これさえ守れば、あなたはもうりっぱなフリマ達人。いいものをgetして大事に使いましょうね。ただし、買いすぎて家に帰ったら使わない物がますます物が増えちゃった、なんてことのないように。でもまっいいか、今度はフリマに出ればいいんだもん ?!

HOME